くりっく365の税制ガイド-店頭FXと徹底比較

ここでは、くりっく365と非くりっく365の確定申告の違いについて谷村さんに伺いました。

武藤:くりっく365と非くりっく365ではぶっちゃけどちらがお得なんですか?

谷村:そうですね。人によっても結構違ってくるんですけど、サラリーマンの場合は、働いてるところの収入とくりっく365の収益を別々にすることができるのでくりっく365の方が得にはなります。

武藤:なるほど。

谷村:また、くりっく365の場合は損失を3年間繰り越すことができるのでそういった意味でもお得です。

武藤:でも、収入の多いか少ないかによって、非くりっく365の方が得になることもありますよね?

谷村:そうですね。これを見てください。これは非くりっく365の総合課税の税率をまとめた表です。

(表1)税率概算表
課税所得金額 店頭取引
(総合課税)
控除額
195万以下 5% -
195万超330万以下 10% 97,500円
330万超695万以下 20% 427,500円
695万超900万以下 23% 636,000円
900万超1800万以下 33% 1,536,000円
1800万超 40% 2,796,000円

武藤:はい。

谷村:サラリーマンの給与と非くりっく365の収入を足して、330万円に達しなければ、税率という意味では、非くりっく365の方がお得にはなります。

武藤:なるほどですね。

谷村:逆に言うと、サラリーマンの給与と非くりっく365の利益を足して330万円を超えるならばくりっく365の方がお得にはなります。先ほども言ったように赤字を3年間繰り越すこともできますので。

武藤:なるほど。サラリーマンである程度給与がある人はくりっく365、学生や主婦などそれほど収入がない人には非くりっく365がおすすめということですね!

谷村:はい。基本的にはそのように考えていただいて構いません。

武藤:わかりました。本日はどうもお忙しい中ありがとうございました。

谷村:ありがとうございました。

新米トレーダー必読!くりっく365トレーダーブログ