くりっく365のメリット|税制面での優遇について

くりっく365とはのページをご覧になって頂いた方は、 くりっく365は公的で個人でも安心して参加できるFX市場だということがわかって頂けたと思います。

ここでは、くりっく365の4つのメリットを具体的に紹介していきたいと思います。

メリット1 有利な価格で取引できる

くりっく365は、複数のマーケットメイカーが提示した売買価格の中でも、最も有利な価格で取引が行えます。

そのためよりスプレッド幅の小さい取引が行えることになります。

メリット2 スワップポイントが一本値

多くの店頭FX取引では、スワップポイントの価格が二重に設定されています。

これは、FX会社が言わば「手数料」としてスワップポイントの価格に対して上乗せして計上しているためです。
くりっく365では、このような手数料に当たる金額をゼロに設定しているので、その分投資家の負担するコストは削減されます。

メリット3 税制面での優遇

くりっく365は税金の面でも優遇されます。
確定申告を行うことで、以下の3つの税制優遇が可能になります。

  1. 税率は申告分離課税にて一律20%
  2. ほかの取引所先物取引との損益通算が可能
  3. 3年分の損失繰越控除が可能

まず、1.税率についてです。

店頭FX取引では所得額が増えるのに従って税率も増える累進課税制度なのに対し、くりっく365での取引では、所得額やFXの利益額に関わらず一律なので利益が大きくなるほど税制上のメリットは大きくなります。

次に2.他の取引との通算損益が可能、についてです。

くりっく365の場合、他の取引所先物取引との通算損益が可能になります。

たとえば、FXで年間100万の利益を得たとしましょう。 ところが一方で、先物取引で年間120万円の損失が生じていたとします。 この場合、店頭FX取引ではFXで得た利益はあくまでもFXの利益ということで、これに対して課税します。

しかし、くりっく365の場合、先物取引で発生した120万円の損失によってFXの利益を相殺できます。 つまり、損益通算の結果、
100万円-120万円=-20万円
で、20万円の損失ということになります。

当然、損失には課税はされないので、店頭取引のように課税されるということがないのです。

最後に3.の3年分の損失繰越控除可能についてです。

たとえば、1年目に100万円の損失を被ったとします。 先ほども述べたとおり、損失の場合は課税されませんから初年度は課税関係は生じません。

2年目、20万円の利益が出たとします。 本来なら、この時点で20万円に対して課税されるのですが、くりっく365の場合は、最長3年間、損失の繰越控除が認められているので、この時点でも20万円に対して課税されることはありません。 初年度に被った100万円の損失と20万円の利益を相殺して、80万円の損失分として、次年度に繰り越すことができるのです。

3年目、今度は50万円の利益を出すことに成功しました。 この時点で、80万円の損失を繰り延べていますから、50万円に対して課税されることはなく、30万円の損失を繰り延べられます。

そして4年目、60万円の利益が出た場合は、60万-30万円=30万円に対して課税されます。 逆に、4年目に10万円の損失が発生した場合は、特に何もなく、この時点で損失の繰延控除は終了します。

次年度からは利益が生じたら、その金額に対して20%課税されることになります。

メリット4 証拠金は原則、保管される

FX取引を行う際は、店頭取引でも取引所取引でも、「証拠金」という資金が必要になります。

店頭取引の際は、FX業者にそのまま預ける形となりますが、くりっく365の場合、この証拠金は全額「金融取」によって、金融取の財産とは別に保管されることになります。(図参照)

くりっく365における証拠金預入のイメージ

したがって投資家の証拠金は原則として全額保護されています。

また、金融取はこの証拠金を運用していない(というより運用できない)ので、万が一取扱い業者が経営破たんしたとしても、全額返金されます。これなら安心ですね。

一応、店頭取引の場合も「信託保全」といって、預かった証拠金を信託銀行に預託して保全することが義務づけられてはいますが、業者によって取扱い方法は異なり、不透明な部分が多いのが現状です。

新米トレーダー必読!くりっく365トレーダーブログ