外国為替証拠金取引の仕組み-そもそもFXってなに?

ここでは、くりっく365について説明する前に、まず外国為替証拠金取引(通称FX)について説明したいと思います。

そもそもFXっていうのは「Foreign eXchange」の略称のことで直訳すれば「外国為替」のことなんです。
そこから外国為替の取引のことを一般に「外国為替証拠金取引(以後FXと呼ぶ)」と言うわけです。

FXには主に2種類の取引方法があります。
それが、「店頭取引」と「取引所取引」です。
この2つについて見ていきましょう。

店頭取引

店頭取引とは、業者と個人投資家が直接取引を行う方法で、「相対取引」・「OTC取引」とも呼ばれます。(図1参照)

価格や手数料は業者によって設定されるため、業者によってかなりのばらつきがあります。

図1:店頭取引のイメージ

また、FX取引の大半が店頭取引で行われています。

取引所取引

一方、取引所取引とは業者と個人投資家の間との間に取引所を介して行う取引のことです。(図2参照)

図2:取引所取引のイメージ

この場合、取引の相手はFX業者ではなく、取引所になります。
取引所取引においては、「マーケットメイク方式」という方式が採用されており、それによって透明性の高い取引価格が提示されます。

このように外国為替証拠金取引(FX)は2種類の取引方法に大別され、この取引所取引のことを「くりっく365」というのです。

次のページではくりっく365について詳しく説明していきます。

新米トレーダー必読!くりっく365トレーダーブログ