くりっく365のデメリット・メリットを徹底解説!

「くりっく365のメリット」で説明させていただいたように、税制面等で優れた面もあります。しかし、当然ですがデメリットもあります。

税制面で不利なこともある

くりっく365の税率は一律20%で申告分離課税、店頭FX取引の税率は15%~の総合課税です。 総合課税とは、すべての収入を合算し、それに対して累進税率が適用されるというものです。

したがって会社勤めで給与を貰っている人の場合は、その給与+FXで得た利益を計算したうえで、総合課税の累進税率が適用されることになります。 ※課税所得金額と累進税率との関係は表1参照

つまり、給与とFXで得た所得金額が195万円以下の場合は、くりっく365での取引の方が不利にはなります。

しかし、逆に言えば、給与とFXで得た金額が330万を超えている場合は、店頭取引のほうがより税金を支払うことになります。

以上のことを踏まえたうえで、まずはご自身の所得金額を計算してみてください。 そして、ご自身にあった取引方法を検討してみてください。

(表1)税率概算表
課税所得金額 くりっく365(申告分離課税) 店頭取引(総合課税)
195万以下 一律20% 15%
195万超330万以下 20%
330万超695万以下 30%
695万超900万以下 33%
900万超1800万以下 43%
1800万超 50%

売買手数料がかかる

くりっく365の場合、主に、取引時に取引手数料がかかります。

しかし、今なら「口座開設後手数料30日間無料キャンペーン」など様々なキャンペーンを行っている会社も増えてきていますので、売買手数料はそこまでデメリットに考えなくてもよいと思います。

新米トレーダー必読!くりっく365トレーダーブログ